「グランジは死んだ」のか?

「グランジは死んだ」のか?

90sファッションが再評価される昨今、当時を語るには欠かせないのがグランジファッション。NIRVANAのカートコバーン。

破れたジーンズに薄汚れたコンバース、モヘアカーディガン、ネルシャツ、コーデュロイ のランチコート、Tシャツのレイヤードスタイル、まさに古着に代表されるアイテムばかり!
出典 : https://i-d.vice.com/en_uk/article/pkbgq8/kurt-cobain-90s-style
当時はおそらく単純にお金がなくて選んでいたであろうものですが、野暮ったいアイテムであのこなれた感、テキトー感に色気を感じますよね。
そしてその色気にやられた誰もがキラキラした眼差しでデニムにハサミを入れてドキドキしながら鏡の前に立って、あれ?と、首を傾げたことでしょう、、、。笑
Tシャツの首の周りを切ったり、オーバルの変なサングラスを掛けてみたり、
母親や周りから変な格好と笑われながらも俺はカートコバーンなんや!と涙を拭い、奥歯を噛み締めた10代、、、。
そんな全てのキッズたちが狂わされたNIRVANAを代表する一曲
Smells Like Teen Spirits ↓
出典: Nirvana - Smells Like Teen Spirit (First TV Performance 1991) @Youtube
https://www.youtube.com/watch?v=jOdz0jpOIzg

 

曲は言わずもがな最高なのですが、Official版では周りで狂喜乱舞しているキッズたちがショーツにスニーカーにベースボールキャップでシアトルのオールドスケーターファッションが今の90sリバイバルファッションに通じていて更に面白いですよね。
グランジは死んだ、とか格好つけてカートは言ってたけど、現代のキッズのファッションにも受け継がれていきました。
カートが描いたバッテンのニコちゃんマークのNIRVANAバンドTシャツ、今の人気を見たらどんな顔するのか想像したらちょっと面白いですね。